REIT

不動産投資信託(REIT:Real Estate Investment Trust)とは

不動産投資信託証券とは、名前の通り、不動産を主な運用対象とする投資信託です。 日本版リートとも呼ばれます。 投資家から証券会社を通じて集められた資金を、運用の専門家が、オフィスビルやマンションなどに投資をして、その賃貸料や売却益を投資家に分配する仕組みの商品です。 その不動産投資信託証券が、証券取引所に上場され、証券会社を通じて株式と同様に売買できるようになりました。また、価格も公表されますので、どなたでもご覧いただけます。

しかし、不動産市況やマクロ経済の影響によって、不動産投資信託の配当や価格は変動します。従って、配当の減少や元本が割れるリスクもあります。このため、単純に利回りだけを他の金融商品と比べるのではなく、不動産投資信託のリスクを考慮した上で投資判断をしていくことが必要になります。

REITのリスク

価格・分配金変動リスク

  • 不動産投資信託証券の価格は、市場の需給などの影響により変動するため、売却価格が購入価格を下回ることにより、損失を被ることがあります。
  • 不動産投資信託証券の分配金は投資対象である不動産などからの収益を原資とするため変動します。したがって、金額が保証されたものではありません。

信用リスク

不動産投資法人の倒産や財務状態の悪化により、損失を被る可能性があります。

流動性リスク

証券取引所が定める基準に該当する場合、上場廃止になることがあります。

配当利回りの魅力

配当の源泉はオフィスビルなどの不動産から生まれる賃料収入です。利益の90%以上を配当するなど一定の要件を満たせば法人税がかからない仕組みになっているので、比較的高い配当利回りが実現すると言われています。

取引所に上場される魅力

取引所に上場されることで、
1.上場企業の株式と同様の換金性や流動性が得られる
2.取引所のルール等によりリートの資産や運用状況などについての情報開示が義務づけられ透明性が向上する
3.取引所で売買されるので、リートの人気・不人気が価格を通じて確認できる
4.リートの値動きは不動産市場の先行指標となる
等のメリットが生まれます。

小口化の魅力

これまでは、最低でも数千万円の資金が必要であった不動産投資が、数十万円の単位まで小口化され不動産への投資が容易になりました。不動産を証券化したものとは言え、その収益は不動産から生まれていますので、例えばインフレヘッジ性などの不動産の特徴はしっかり受け継がれています。また個人レベルでは難しい不動産の管理・運営についても、不動産の専門家が行ないます。

投資家にとっての分散投資の魅力

米国のリートは企業の株式や国債などとは異なったリスク・リターン特性を持っており、また相関も小さくなっています。この性質は日本のリートでも同様と考えられ、投資家がポートフォリオにリートを組入れることによって分散投資効果が期待できます。

参考資料

ご留意事項

当ページは、一般的な投資に関する説明や解説を行ったものであり、金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。当社のホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各ページに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当サイトの契約締結前交付書面、目論見書、目論見書補完書面、またはお客さま向け資料等を十分にお読みいただき内容をご確認ください。

金融商品などの取引に関するリスクについて

金融商品をご投資いただく際には、価格等の変動による損失が生じるおそれがありますので、金融商品等の取引に際しては、当該商品等の契約締結前交付書面等をよくお読みください。

詳細はリスクについてをご覧ください。

口座開設・資料請求
店舗案内
セミナー情報

カスタマーセンター
0120-0310-273
受付時間:月~金 8:30~17:00/土・日・祝日を除きます