ディスクロージャー・ポリシー

当社は、以下のディスクロージャー・ポリシーに基づき情報開示を行い、資本市場において適正な企業価値評価を得るよう努めてまいります。

1. 情報開示の基本方針

  • (1) 金融商品取引法、会社法ならびに金融商品取引所の定める有価証券上場規程等の法令諸規則を遵守する他、「コーポレートガバナンス・コード」の趣旨を尊重し、重要情報等の開示を行います。
  • (2) 開示のための社内体制を維持し、すべてのステークホルダーに対し、適時、適正かつ公平な情報開示を行うことにより経営の透明性を確保します。
  • (3) 法令諸規則に準拠しない経営戦略、リスク、ガバナンス等の非財務情報について、可能な範囲で積極的かつ公平な情報開示を行います。
  • (4) ステークホルダーの情報アクセスの公平性向上のため、当社ホームページを通じ積極的な情報開示を行います。

2. 建設的な対話の促進

当社は、株主の皆様との建設的な対話を促進するとともに、積極的なIR活動に努めます。株主の皆様との対話全般は社長が統括し、実施にあたっては経営企画部担当取締役が担当し、取締役や経営企画部が中心となって行い信頼関係の構築に努めてまいります。

3. 情報開示の方法

情報開示は、「EDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)」または東京証券取引所運営の「TDnet(適時開示情報伝達システム)」を通じて行い、報道機関等へ公表するとともに当社ホームページにも掲載いたします。

4. 公平な情報開示

情報開示においては、FDルールを遵守し、特定の者に対する選択的な開示とならないよう努めます。また、当社の役職員が取引関係者に、重要情報を伝達した場合には、適切に公表する措置を講じます。

5. 情報開示の社内体制

当社は、情報開示のための社内体制を維持し、投資者の投資判断に重要な影響を与える事実および決算に関する情報等を管理するとともに、開示物の重要度に応じて、取締役会・経営会議等の機関決定または経営企画部長等の承認をもって情報開示を行います。

6. 沈黙期間(サイレント期間)

当社は、各四半期の決算期末から短信発表までの間を沈黙期間としています。ただし、期間中に発生または決定した未公表の重要情報につきましては、適時開示規則に従い情報開示を行います。

Get AdobeR ReaderR
PDF文書の閲覧には、 Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。
口座開設・資料請求
店舗案内
セミナー情報

カスタマーセンター
0120-310-273
受付時間:月~金 8:30~17:00/土・日・祝日を除きます