債券投資

債券投資とは

債券とは、国や地方公共団体、事業会社などが資金調達を目的に発行する証券で、銀行でいえば借用証書に相当するものです。所有者は利子の支払いや元本の返済を受けることができます。

イラスト

債券の特徴

債券は株式や投資信託と違い、利回りが確定しています(変動利付き債など一部例外はあります)。償還日まで保有すれば、額面で償還されますが、市場金利の変動や発行会社の信用状況で時価が変動します。したがって償還日前に売却した場合その時点の時価により手取り額が変動します。

イラスト

債券の種類と選び方

債券は発行体の違いにより、国が発行する国債、地方公共団体が発行する地方債、金融機関が発行する金融債、事業会社の発行する事業債、外国の法人等が発行する外国債などに分けられます。 また利払いについては、利率が固定のもの、変動するもの、利払いはないが額面より低い価格で発行し額面で償還するものなどがあります。

イラスト

債券投資のリスク

一般的に債券は金利低下時には価格は上昇し、金利上昇時には価格は下落するのが特徴です。債券投資に伴うリスクについてご確認ください。

価格変動リスク 債券は市場金利の動向により価格が変動いたします。金利が上昇すると債券価格は下落し、金利が低下すると債券価格は上昇します。したがいまして償還日前に売却する場合は、償還価格を割込むことがあります。
信用リスク 債券の発行体の財務状況が悪化した場合、利払いや元本の支払いが遅延することがあります。また発行体が破綻した場合、元本が支払われなかったり大幅に減額される可能性があります。
流動性リスク 一般に債券は、店頭取引で売買されることが多く、発行体の信用状況によっては、買取が行われなくなる場合があります。
繰上げ償還リスク 繰上げ償還条項が付された債券の場合、償還日前に繰上げ償還されることがあります。
転換社債型新株予約権付社債のリスク 通常の社債にかかるリスクがあるほか、対象となる株式の価格の変動により社債価格も変動いたしますので、通常の社債と比較し値動きの幅が大きくなります。また売却の際投資元本を割込むことがあります。
イラスト

格付けについて

発行体が利払いや元本の返済をどれだけ確実におこなうことができるかということを評価する格付け機関というものがあります。スタンダード&プアーズ、ムーディーズ、フィッチ、R&I、JCRなどは代表的格付け機関です。債券は一般に格付けが高いと利回りは低くなり、格付けが低いと利回りは高くなります。格付けがあまり低い銘柄を買うことは、避けたほうがよいでしょう。

外債投資

日本より金利水準の高い国の通貨で発行される債券は一般に日本の債券より利回りは高くなります。ただし外債投資には、為替変動にともなうリスクがありますので、ご注意ください。

外国証券投資リスク

外国証券に直接または間接的に投資する場合は、その証券固有のリスクに加え以下のリスクがあります。

為替リスク

為替変動による円高で為替差損が生じた場合、外貨ベースでは値下がりしていなくとも、円ベースでは投資元本を割ることがあります。

カントリーリスク

外国の発行体が発行する証券に投資する場合、その国の政治・経済・社会情勢などの状況に影響を受けます。ある国の政治・経済が安定していれば投資リスクは低くなり、逆に不安定であればリスクは高くなります。

ご留意事項

当ページは、一般的な投資に関する説明や解説を行ったものであり、金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。当社のホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各ページに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当サイトの契約締結前交付書面、目論見書、目論見書補完書面目論見書補完書面(MITO 積立投信)、またはお客さま向け資料等を十分にお読みいただき内容をご確認ください。

口座開設・資料請求
店舗案内
セミナー情報

カスタマーセンター
0120-0310-273
受付時間:月~金 8:30~17:00/土・日・祝日を除きます