株式投資のしくみ

株式投資について

株式とは会社に資金を拠出している出資者=株主としての地位を表すものです。その地位(持分)を紙面に表したものが株券です。株式会社は資金調達のために株券を発行しています。
株券の所有者つまり株主になると、会社の成長に応じた値上がり益や配当金を得ることができます。また、会社によっては株主優待を実施しているところもあります。その他にも株主総会での議決権が与えられたり、会社解散時には残余財産の分配を受ける権利もあります。こういったメリットがあるために株券は価値のある証券として投資対象となるのです。

イラスト

「投資を学ぶ」では証券会社で扱っている主な投資商品について解説していきます。

投資できる企業

株式が公開されている、いわゆる上場企業に対しては容易に投資を行うことができます。
公開とは金融商品取引所などに株式を上場し、多くの投資家たちが、売買に参加できるようにすることです。上場されているのは、取引所による審査にパスした一部の会社のみです。

金融商品取引所について

現在日本国内には東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5つの金融商品取引所があります。金融商品取引所の主な業務は、売り・買いの注文を付け合せて売買を成立させることです。
また、取引所によっては上場基準の違いにより市場が一部市場、二部市場、新興市場(ジャスダック・マザーズ・セントレックスetc.)などに分かれております。
それぞれの市場には流動性や値動きの点で特徴がありますので、取引にあたっては注意が必要です。

株式投資のしくみ

イラスト

株式投資のリスク

株式投資は、値上がりによる売買益や配当収入などが期待できる反面、リスクも伴います。

価格変動リスク 株価は売りと買いの需給バランスによって常に変動しております。したがいまして売却の際投資元本を割込むことがあります。
信用リスク 会社は業績や資金繰りの悪化などにより、会社更生法などの適用を申請したり破産することがあります。その場合、投資元本の回収ができなくなることがあります。
流動性リスク 流動性の低い銘柄を売買しようとする場合、通常の銘柄と較べ株価が大きく変動したり、売買に支障をきたす場合があります。また流動性が低くない銘柄であっても、注文が売り買いどちらか一方に集中した場合は、値段が付かず売買できないことがあります。さらに上場廃止となった場合は、売却が非常に困難となります。

外国証券投資リスク

外国証券に直接または間接的に投資する場合は、その証券固有のリスクに加え以下のリスクがあります。

為替リスク

為替変動による円高で為替差損が生じた場合、外貨ベースでは値下がりしていなくとも、円ベースでは投資元本を割ることがあります。

カントリーリスク

外国の発行体が発行する証券に投資する場合、その国の政治・経済・社会情勢などの状況に影響を受けます。ある国の政治・経済が安定していれば投資リスクは低くなり、逆に不安定であればリスクは高くなります。

ご留意事項

当ページは、一般的な投資に関する説明や解説を行ったものであり、金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。当社のホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各ページに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、当サイトの契約締結前交付書面、目論見書、目論見書補完書面目論見書補完書面(MITO 積立投信)、またはお客さま向け資料等を十分にお読みいただき内容をご確認ください。

口座開設・資料請求
店舗案内
セミナー情報

カスタマーセンター
0120-0310-273
受付時間:月~金 8:30~17:00/土・日・祝日を除きます