気候変動リスクに関する開示

水戸証券株式会社

当社は、気候変動リスクに関する情報開示の態勢整備に取組み、適切に対応してまいります。

ガバナンス 当社は、経営理念「水戸証券は、顧客・株主・社員にBESTをつくす企業でありたい」および経営ビジョン「金融サービスを通じて価値を創造し、お客さまと地域社会の豊かな未来の実現に貢献する」のもと、地域社会の発展に貢献してまいります。
当社は、社長を議長とする経営会議において気候変動リスクを含むサステナビリティへの取組みについて審議し、その内容を取締役会へ報告しております。加えて、取締役会において適宜企業価値向上に向けた議論の時間を設けており、その中でサステナビリティについての議論を行っております。
戦略

当社は、公開されている各種シナリオや情報をもとに、気候変動に係るリスクおよび機会を認識しております。

【移行リスク】

2℃未満シナリオ

・再生可能エネルギーの調達や、その他CO2排出量削減に係るコストの増加

・炭素税導入など規制強化によるコストの増加

【物理的リスク】

4℃シナリオ

・自然災害の激甚化や洪水発生による当社店舗の被災

・猛暑や風水害の増加による地域経済の悪化と、これらを起因とした当社の預り資産および収益の減少

事業継続計画(BCP)

・当社は「危機管理規程」を制定し、災害時の緊急時における事業継続計画を定め、重要な業務を中断させない、または中断しても短期間で再開できる態勢を整えております。

【機会】

・企業のグリーンボンド等の発行増加

・投資家のポートフォリオ変更のための取引増加

リスク管理 当社では、オペレーショナル・リスクや資金流動性リスク等について定期的に取締役会へ報告されております。また、当社が保有するリスクの種類とリスクが顕在化した場合の影響度について把握するよう努めております。今後は気候変動リスクについても同様の枠組みで管理してまいります。
指標と目標

当社は、国および地方自治体と足並みを揃えてCO2排出量の削減に取組んでまいります。

【当社のCO2排出量※の推移】

2017年度 1,469 tCO2
2018年度 1,545 tCO2
2019年度 1,351 tCO2
2020年度 1,446 tCO2
2021年度 1,366 tCO2

※Scope1(自動車のCO2排出量)とScope2(電力使用によるCO2排出量)の合計

(注)本開示はTCFD提言に基づいて作成しております。

以上