特定口座制度とは

2003年1月より株式等の譲渡益課税は「源泉分離課税」が廃止され、「申告分離課税」に一本化されました。これに伴い、お客さまは確定申告による納税が必要となりましたが、この申告手続きを簡易にしたり、申告不要とするのが特定口座制度です。

「源泉徴収あり」の特定口座 [確定申告不要制度]

お客さまの上場株式等の譲渡益について、証券会社がその都度、所得税の源泉徴収を行い、お客さまに代わって税務署へ納付を行いますので、確定申告を行う必要がなくなります。

「源泉徴収なし」の特定口座 [簡易申告制度]

証券会社から送付される、年間の譲渡損益等が記載された「年間取引報告書」により、簡易な手続きで確定申告を行うことができます。

図

注意事項

特定口座(源泉徴収あり)を選択した場合、税務署等に申告しなくてもよくなりますが、複数の特定口座や一般保護預り口座との損益通算、損失の繰越しの適用を受ける場合には、確定申告が必要となりますのでご注意ください。
詳しくは、お近くの営業店窓口までお問い合わせ・お申込みください。

資料請求
店舗案内
セミナー情報

カスタマーセンター
0120-0310-273
受付時間:月~金 8:30~17:00/土・日・祝日を除きます