沿革

大正10年(1921年)
4月
小林静が岸正と共同出資で証券業「小岸商会」を開業
昭和2年(1927年)
6月
商号を小林株式店に改称
昭和17年(1942年)
8月
商号を小林証券(株)に変更
昭和19年(1944年)
6月
有価証券業整備要綱に基づき丸水証券(株)を統合、商号を水戸証券(株)とする
昭和23年(1948年)
10月
証券取引法に基づき証券業者として登録
昭和26年(1951年)
6月
協同証券(株)(東京証券取引所会員業者)を買収
昭和31年(1956年)
4月
協同証券(株)(形式上の存続会社)と合併し商号を水戸証券株式会社に変更、本社を東京都中央区日本橋兜町一丁目8番地におく
昭和43年(1968年)
4月
改正証取法に基づき証券業免許取得
昭和47年(1972年)
7月
秦野証券(株)を合併、資本金5億2,000万円となる
昭和60年(1985年)
6月
7月
大阪証券取引所正会員となる
資本金を30億4,998万円に増資、総合証券となる
昭和61年(1986年)
10月
水戸コンピューターサービス(株)を設立
昭和62年(1987年)
9月
名古屋証券取引所正会員となる
平成1年(1989年)
4月
資本金を108億2,498万円に増資、東京証券取引所市場第二部に上場
平成4年(1992年)
5月
小島証券(株)を合併、資本金108億6,898万円となる
平成10年(1998年)
12月
改正証取法に基づき証券業者として登録
平成11年(1999年)
8月
9月
イセキ証券(株)より営業の全部を譲り受ける
インターネット取引開始
平成13年(2001年)
5月
6月
9月
水戸コンピュータサービス(株)の株式の一部を(株)日立製作所に譲渡、持株比率33%となる
水戸コンピュータサービス(株)商号を日本金融情報システム(株)に変更
東京証券取引所市場第一部に指定
平成16年(2004年)
11月
有価証券店頭デリバティブ取引業務の認可取得
平成17年(2005年)
6月
資本金を122億7,298万円に増資
平成18年(2006年)
6月
中間配当制度導入
平成19年(2007年)
2月
本社を現在の東京都中央区日本橋二丁目3番10号に移転
平成21年(2009年)
1月
投資運用業として「水戸ファンドラップ」の取扱いを開始
平成27年(2015年)
10月
投資助言・代理業者として登録
口座開設・資料請求
店舗案内
セミナー情報

カスタマーセンター
0120-0310-273
受付時間:月~金 8:30~17:00/土・日・祝日を除きます