投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI

金融庁より2018年6月に公表されました「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」について、当社の2022年3月末時点での実績を以下の通り公表します。

投資信託・ファンドラップの運用損益別お客さま比率

2022年3月末時点で投資信託、ファンドラップを保有している個人のお客さまが対象

【投資信託】

遡及期間 :2013年4月~2022年3月末

【ファンドラップ】

遡及期間 :2009年3月~2022年3月末

投資信託の預り残高上位20銘柄のコスト・リターン/リスク・リターン

  • 2020年3月末コスト・リターン

  • 2020年3月末リスク・リターン

  • 2021年3月末コスト・リターン

  • 2021年3月末リスク・リターン

  • 2022年3月末コスト・リターン

  • 2022年3月末リスク・リターン

【お預り残高上位20銘柄】

銘柄
①アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型
②グローバルAIファンド
③アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 Bコース(為替ヘッジなし)
④投資のソムリエ
⑤スパークス・新・国際優良日本株ファンド
⑥グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)
⑦東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)
⑧スパークス・M&S・ジャパン・ファンド
⑨ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)
⑩スパークス・プレミアム・日本超小型株式ファンド
⑪アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型
⑫ニッセイオーストラリア高配当株ファンド(毎月決算型)
⑬DIAM J-REITオープン(毎月決算コース)
⑭ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)
⑮DIAM厳選米国株式ファンド
⑯ジャナス・米国中小型成長株ファンド(年4回決算型)
⑰三井住友・げんきシニアライフ・オープン
⑱ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)
⑲アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 Aコース(為替ヘッジあり)
⑳東京海上・円資産バランスファンド(年1回決算型)

※2022年3月末時点。設定後、5年以上経過したものを掲載