文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

生前贈与は310で!

生前贈与を選ぶ方が増えています

たいせつなご資産をお子さま、お孫さまへ遺すために、生前贈与を活用される方が年々増えています。相続税対策として、生きている間に贈与することで相続財産を減らし、相続税を減らすことができます。

贈与税の申告状況

贈与税の申告状況

(注)翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
「平成27年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等について」(国税庁)を加工して作成

贈与税の基礎控除額は年間110万円ですので、年間の生前贈与を受けた額の合計が110万円を超える場合は贈与税が課税されます。贈与税の計算方法は下記のとおりです。

贈与税の速算式

贈与税の速算表

贈与税の速算表

※平成29年3月現在施行中の法律によるものです。法改正によって変更される可能性があります。

賢い贈与は毎年310万円

年間110万円以上を生前贈与されたい場合、水戸証券では毎年310万円の贈与をご案内しています!

上記の贈与税の速算表のとおり、基礎控除後(年間110万円)の課税価額が年間200万円以下であれば贈与税率は最低の10%となります。つまり、基礎控除額110万円+最低贈与税率の課税価額200万円=年間310万円が、贈与額に対してもっとも税負担率の少ない生前贈与額になります。
将来ご家族に相続される資産を考えたとき、相続税のかからない110万円の生前贈与では贈与しきれない場合には、下記事例のように310万円の生前贈与を行うことで単純に相続を行うよりも税負担を軽くすることができます。

賢い贈与は毎年310万円

あなたの節税効果は?今すぐ確認!

年間310万円の生前贈与による
節税額計算シミュレーション

310万円での生前贈与を行った場合の節税効果を算出することができます。
当てはまる数字を入力し、「計算する」ボタンをクリックしてください。

1.遺産総額について

現在の遺産総額
万円

※入力できる数値は10億円までです。

※預金、株式、投信、不動産等の資産から、ローン等の債務を引いた金額

2.相続する相手について

配偶者
子供

3.贈与する相手について

生前贈与をする年数

※入力できる数値は30年までです。

※被相続人の現在の年齢から平均寿命を導き出す方法が一般的です。平均寿命はこちらから

配偶者
子供
※相続時の遺産取得割合は法定相続分に基づいて計算しています。
※相続開始3年以内の贈与財産の加算は考慮していません。
※贈与税額控除、未成年者控除、障害者控除等の税額控除は考慮していません。
※配偶者の税額軽減は考慮していません。

≪ご注意事項≫

当シミュレーションは相続税対策として年間310万円の生前贈与を実行するに当たり、お客さまの理解の参考となるように一定の条件の下での節税額の参考値を示すものです。よって、当該計算結果についての正確性は保証できませんので計算結果についてのお問合せはお答えできません。

310万円の生前贈与による節税額を計算する▼
生前贈与を行わなかった場合の相続税
合計
万円
生前贈与を行った場合の贈与税および相続税
合計
万円

毎年310万円ずつ贈与した場合のあなたの節税額は、

相続税
相続税+贈与税
節税額
万円
-
万円
=
万円

「相続だけ」と「生前贈与+相続」の場合の税金差異

(M = 百万円)

※当シミュレーションは310万円での生前贈与を行った場合の節税額を試算するものです。お客さまの資産のご状況、生命保険等を使った相続税対策等の有無、金融資産の保有割合等により最適な生前贈与の金額は変わってきます。詳細は各営業店またはウェルスマネジメント部までお問合わせください。

年間310万円の生前贈与では、
節税効果が期待できない可能性があります。

310万円以外の金額で生前贈与を実施すると効果が期待できる場合もあります。詳細は下記へお問い合わせください。

※当シミュレーションは310万円での生前贈与を行った場合の節税額を試算するものです。お客さまの資産のご状況、生命保険等を使った相続税対策等の有無、金融資産の保有割合等により最適な生前贈与の金額は変わってきます。詳細は各営業店またはウェルスマネジメント部までお問合わせください。

監修:GALAP税理士法人

水戸証券にご相談ください!

詳細はお近くの水戸証券お取引窓口または担当者もしくはウェルスマネジメント部までお問い合わせください。

口座開設はこちらから

口座開設・資料請求



  • このページの先頭へ

水戸証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第181号 加入協会/日本証券業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会